ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

【教育ニュース】9月入学についての話題をまとめてみました

コロナ禍COVID-19禍9月入学説に関する教育ニュースまとめ教育系ニュース

こんにちは。元美術教師のうさぎ先生です。

このカテゴリーでは教育系ニュース記事を読んで、教育現場にいた頃を思い出したり、離れた場にいるからこそ客観的に見えたりしたことを、うさぎ先生なりにまとめていきます。

前回は映像授業・オンライン授業に関する話題をまとめました。

報道を聞きながら、教育現場について気になることはいろいろあるのですが、今回は話題の9月入学に関してのニュースを整理していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

突然出てきた話?

3月の時点で、話題としては出ていたと思います。Twitterでもちょこちょこ見かけていました。
夏休み返上で・・・という話もあったりしつつ、本格的にニュースなどで扱われるようになったのは、4月末です。

村井知事は27日の定例会見で「欧米では9月入学が一般的。入学や始業を9月にずらすのも一つの方法だ」と発言していた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58587760Y0A420C2L01000/

萩生田光一文部科学相は二十八日の記者会見で「文科省だけで完結する問題ではなく、社会全体に影響を及ぼし、調整が必要な案件だ」と指摘。高校や大学入試、就職なども含めた対応が必要として、丁寧な議論を求めた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202004/CK2020042902000133.html

当初は5月6日までとされていた《緊急事態宣言》の期間が、延長される見込みだということで・・・本格的に話題として上がってきたようです。

ここからは項目別に、《9月入学》へのなんとなく肯定意見否定意見に分けて、整理していきます。

引用文が多くありますが、あくまでも一意見としての引用です。
別のツイートでは逆の見方もしていらっしゃる、なんて場合もあります。

学習の保障

肯定

●小学校〜高校のオンライン授業実施率は5%と言われています。

95%の子どもたち》に関わっている人は、2020年4月〜8月の学習の差を失くしたい、いわばリセットしたいという気持ちが強いはずですね。

モデル校だったりして、
ICT環境が整っている
公立校もあります。

●これまでの日常においても病気・入院など、なんらかの事情で学校での学習が一定期間できなかった子どもたちはいました。

ただそれがクラス全体、学校全体となると・・・というところですね。
「わからないところを教えてくれるクラスメイト」なんて存在が、いないわけですから。

否定

●「学習保証を!」という人は、おそらく2020年9月からの実施のイメージなのだろうと想像しているのですが・・・。

たとえば今高校1年生(になるはずだった)の子が2020年9月〜2021年8月に高1を過ごすイメージ。
しかしあと4ヶ月で諸々のハードルを越えられるかというと・・・かなり難しいと思います。

●すでに学習を進めている人にとっては、「どうして遅れている人に合わせなければならないの?」という意見も。

夏に院試だから
今頑張ってる・・・っていう
知り合い、いるなぁ。

学校行事

肯定

●これまで、行事の見直しをやりたくてもできなかった・・・という学校にとっては、絶好の機会なのだと思います。

伝統の行事だから削れないけれど、業務の負担が大きくて・・・なんて場合ですね。

無論、行事だからこそ
身につけさせられる学びもあ
るので
これを機に精査するのが肝要だね。

●4〜9月の行事がなくなってしまうのは嫌だ!という子どもたちにとっては、そっくりそのままスライドできた方がいいですね。

正直、「授業受けたい」よりも「友だちと過ごしたい」「思い出増やしたい」
っていうところが大きいですっていう子も、多いのではないかと思います。

否定

●《桜がない入学式》への抵抗は、強い人が多そうですね。

「桜咲く」という慣用句や、桜ソングなんて言葉があるぐらいですから、文化への影響は大きいなと思います。

電報の文句として定着!
なるほどなぁ

●いわゆる学校の行事だけをスライドしたとしても、あまり子どもたちの理想通りにはならないかもしれません。

甲子園、インターハイなどの大会も一緒に動かさないと・・・。
わたしはスポーツには全然詳しくないのですが、もし学生の大会を動かすならば、プロ野球のシーズンなんかも一緒に変更ということになるのかな?

留学

肯定

●「8月」でも「10月」でもなく「9月」だと言われる理由は、欧米の入学時期に合わせてのことと思います。

秋入学グローバルスタンダードなんだとか。

留学しやすくなる、海外からの人材を受け入れやすく(送りやすく)なるとのこと。

●「海外から来る」パターンで、日本の入学年齢に合わせたからずれてしまった、という場合が現状あります。

「How old are you?」で、中1だけど14歳。
あれ?みたいな・・・。
「海外に行く」だと飛び級などあってあまり気にならないかもしれませんが、時期が揃えば解消できるなとは思います。

否定

●9月入学じゃない国って、日本以外にもあるのでは?

あるみたいです。
うさぎ先生は留学未経験です。

わたし自身の印象としては、時期の問題よりも《1年間留学するということに対して覚悟する・腹を括る》ということのほうが、よっぽどハードルが高いと思っています。

でも、それはわたしの元勤務校が大学ではなく高校だったから、とも言えるのかもしれませんし、時期が揃っていた方が選択肢は増えるのかもしれません。

参考

現行、秋入学ができる学校もあるようです。

入試・受験

肯定

●積雪の影響やインフルエンザ罹患など、受験生の努力だけではなかなかどうにもならない部分が解消されやすくなりそうです。

●奇しくも、共通テストの大改革の時。

新型入試への準備期間が長く取れた方が、文科省も助かるのかも・・・?!

否定

●受験生以外は、夏休みを長くすることができれば熱中症対策としていいかもしれませんが・・・

受験生は夏真っ盛りの中で入試に挑むのかな?と思うと、それはそれで大変かもしれません。

現行、夏に行われているAO入試が
冬の実施になるのかな?

●入学と入試がずれるなら、入社も、年齢給も、定年退職すらもずらすことになる。

今はもう大人だよっていう人の生涯賃金に影響する可能性も・・・。

どれくらい、現実的な話?

賛成・反対それぞれの意見が、Twitterでたくさん・・・。

国会等でもこんな感じで
意見がたくさん出て、
議論が交わされていると
いいのですが・・・・

うさぎ先生の疑問

年齢の数え方はどうなる?

今年の小1を9月に入学させると、その12分の5は入学時に7歳になる。来年以降もそうするなら、義務教育の年齢を『6歳から』でなく『6歳5か月から』に変えることになる。もし来年9月の新入生を6歳に戻すなら、来年の4~8月に6歳になる子も加わるから、この学年だけ人数が4割超多くなる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-04290019-sph-soci

生徒数が1.5倍・・・!
教室数や設備など、一時的に増やすということはなかなか難しい問題があります。

今は4月1日生まれだとギリギリ早生まれだけど、それが9月1日になったりするのかな?

同級生が・・・
同級生ではなくなっちゃう?!

東大は、なんで断念したの?

そういえば、以前話題になっていたなぁと思って。

9月入学の意義として、①国際的な学生の流動性の向上(海外留学の促進と、外国人留学生の受け入れ拡大)、②学事暦の見直しによる教育の有効性の向上、③(高校卒業と東大入学の間の半年間の)ギャップタームを活用した学習体験の豊富化、④グローバル化推進など社会へのインパクト、の4つが挙げられている。

http://www.direct-recruiting.jp/topics/knowhow/category_010462/detail_0032.html

東京大学は2011~12年にかけて秋入学導入を検討した。優秀な留学生や教員を取り込み、世界で東大の順位を上げたいと考えていたからだ。しかし、2年にわたる議論の末、秋入学は見送ることになった。

https://www.j-cast.com/tv/2020/04/30385244.html?p=all

なんと!2年にわたる議論!

もうそれを聞いただけで、
あと数ヶ月で納得感が大きい判断を
っていうのは、望めない気が・・・

おわりに・・・現時点で、はっきりしていること

この新型コロナウイルスと、一緒に生きていくことを考えなければならない段階に来ていますね。
《ウィズコロナ》なんて言うそうです。
「去年はこうだったのに」「来年ああするつもりだったのに」を言っていると、残念ながらキリがないのです。

悲しいけれど、もうコロナがなかった世界線には
あの人が生きていた、あのお店があった、
あの大会に出るはずだった世界線には
戻れませんから・・・。

これまでの生活から、変化せざるを得ないということにだけは、納得する必要がありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました