ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

新型入試についての話題、元教師がまとめてみた

シルバニアファミリーのアルパカ学校いろいろ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月入学は見送り

前回の記事を書いたあとに

9月入学について、来年度の導入も
断念したとの報道がありました。

安倍晋三首相は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校休校の長期化を受けて検討していた「9月入学」について、来年度からの導入を事実上断念した。

そして6月5日、文科大臣から
正式に表明がありました。

「制度として直ちに導入することは想定していない」と導入見送りを正式に表明した。

入学時期が決まらないと動けない、大事なもの。

それは《大学入試》です。

もちろん他の入試もあるけど・・・
今年度は、新型入試に変更する初年度ですから。
ようやく方針が決まったとのことですが、
《大学入試》はどうなるのでしょうか。

ちなみに高校入試は

来年の高校入試について「教育委員会などに出題範囲や内容、方法について工夫を講じてもらうことを依頼しているので、現段階では例年と同様の時期である1月から3月に実施してもらいたい」と述べました。

まずは高校入試からということで、
表明がありました。

一方、来年1月に予定されている大学入学共通テストの実施時期は、引き続き検討していく考えを示しました。

大学入試についてはまだ検討中・・・。

大学入試

5月の時点

5月にも、いろいろな記事が出ていました。

従来通りのスケジュールであれば
AO入試が夏休み期間に行われたり、
1学期の成績による校内順位が
指定校推薦の順位に反映されたり
していましたが・・・。

AO入試(新しい名前は総合型選抜)は9月、
指定校推薦(新しい名前は学校推薦型選抜)は11月
とは言っても・・・
1学期の成績、生徒が期待する形で
出せないですよね・・・。

高2までの成績で算出?

途中で転校してたら?

スポーツ推薦

スポーツ推薦については、
中高生の全国大会を実施する運びだそうです。

甲子園やインターハイの中止が
大きく報道されていましたね。
ちなみに中高生、とのことで、
高校生だけではないようです。

中学生の大会だって中止されているので・・・
高校入試にも大きく影響しますからね・・・
中学生も入ってて良かった(> x <)

大学入試のあり方に関する検討会議(第8回)配布資料

大学入試は「妥協の芸術」であり、一つのロジックで皆が満足する解は得られない。 「上手な妥協」を探っていく必要がある。

みんなが満足は無理っていうのは
分かるけど、それを芸術って
言われると、なんかちょっと・・・

教員不足?

入試とは直接関係しないけれど、
興味深い記事が・・・

去年、富山県教職員組合が行った教員の勤務実態調査では、中学校の教員の1か月の時間外労働の合計の平均は99時間余りに上り、過労死ラインとされる月80時間を大きく上回りました。

速星中学校の古野修康校長は「今後、教員の負担はますます増えていくことが予想されるので、校長として授業の方法や行事など、学校の仕事をもう一度精査し、先生の様子や労働時間をしっかりと注視していきたい」と話していました。

うん・・・

まぁ長時間労働だけが理由ではないけれど、
《うさぎ先生が退職した理由の原因》
みたいなところには入っているよね・・・
長時間労働・・・

そのうえで、「例えばOECD諸国の学校では20人学級が平均だが、日本も同様に少人数学級を充実させて、正規雇用の教員を増やす計画に切り替えるなど、教員養成の政策を根本から見直すことが重要ではないか」と指摘しています。

いやほんと、そうだと思います。

もっとていねいに、
それでいて自分の心身に無理なく、
生徒と接したかったです。



ブログランキングに登録しました。
1日1クリックしていただけると順位が上がります☆彡




学校いろいろ
スポンサーリンク
この記事をシェアする
うさぎ先生をフォローする
スポンサーリンク
うさぎ先生のひきだし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました