- 現役の先生や教員志望の人を応援するブログ -
スポンサーリンク

美術室に置いていて、生徒のために役立ったおすすめの本 〜お菓子編

元美術教師がおすすめする中学校高校美術室の予算で買う本お菓子生徒向けおすすめ本

こんにちは。
元美術教師のうさぎ先生です。

  • 美術室にどんな本を置けばいいのか分からない
  • 授業や部活で役立つ、生徒用資料になる本を知りたい
  • 生徒へ説明するときに、教師の補助として役立つ本を知りたい

こんな方におすすめの記事です。

権利の都合上中身は載せられないのが残念ですが、生徒用資料の一例として、現役の先生やこれから先生を目指す人に役立ててもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は《お菓子》にまつわる本

洋菓子も和菓子も、描きたい・(粘土で)作りたい生徒がとっても多かったです。

カタログ的にお菓子の種類を増やすことはもちろんなのですが、泡立て器で混ぜてる・・・とか、クリームを絞る・・・とか、作っている様子が見たいという場合も案外あったので、お菓子作り系の本も意識して選んでいました。

いちばんやさしい お菓子とケーキのデコレーション/熊谷裕子/ PHP研究所

大定番、デコレーションケーキの本です。
完成品はもちろんのこと、作り方の写真が工程別に細かく載っているところも助かっていました。
「フルーツを乗せている手を描きたい」とか、結構リクエストあるんです♪

フランス菓子図鑑 /大森由紀子/世界文化社

こちらは図鑑ということで、レシピはありません。

お菓子の名前の由来を見るのも楽しかったようで、フランス語のおしゃれな響きに惹かれてなかなか読み終わらない・・・という生徒も(笑

キラキラ! ステンドグラスクッキーBOOK /高橋洋子/河出書房新社

身近なかわいいお菓子ということで、クッキーもよく選ばれていました。「アリスのティーパーティの様子にクッキーを描きたい」などですね。

この本は作り方の写真も多く、それがまたタイトル通りキラキラしているので、とてもかわいい一冊です。クッキーを実際に作ってみたいという生徒もいました。

micarinaの大人かわいいアイシングクッキー&カップケーキ/micarina/誠文堂新光社

彩りがかわいいので、アイシングも人気でした。
こちらは絵に描きたいというよりは、樹脂粘土で作りたい!という声が多かったです。

ハロウィンやクリスマスなど、季節イベントに合わせたデザインも参考にしやすい様子でした。

世界のパン図鑑 /大和田聡子 /平凡社

パンってこんなに種類があるの!?と、驚く生徒が多かった一冊です。

そしてパンらしい茶色って、絵の具のチューブをそのまま塗るとなかなか近付かないんですよね。写真を見ながら一生懸命混色して、茶色の調整をする様子がよく見られました。

わくわくほっこり和菓子図鑑 /君野倫子 /二見書房

小さいかわいい和菓子がたくさん載っています。

「うさぎ」「さくら」などのモチーフごと、「ういろう」「きんつば」などの種類ごとでそれぞれ分かれて載っているので、目的の和菓子を見つけやすい本です。

「和風デザート」「和風菓子」大全 /吉田靖彦 /旭屋出版

こちらはどちらかというとちょっと高級というか、お皿に乗ってるタイプの和菓子というか・・・。
京都の喫茶店にありそう!」と生徒が言っていました(笑

渡辺おさむのスイーツデコメソッド /渡辺おさむ /誠文堂新光社

なんでもスイーツにデコっちゃうことで有名な、渡辺おさむさんのフェイクスイーツの本です。

本物のお菓子の作り方ではなく、フェイクスイーツの作り方が細かく載っています。・・・が、本物だと思って読み始めて、途中で気づいてびっくりする生徒多数でした(笑

おわりに・美術の先生としての指導上の留意点

著作権に関する指導も重要です。本に載っている写真や絵を自分の作品としてそのまま描いてしまわないように・・・という指導を欠かさないように気をつけていました。

ポーズや情景をそのまま描くのではなく、あくまでもこのポーズや情景はヒントであること、《自分の中から主題を生み出すこと》の大切さと尊さを伝えていました。

「先輩はこの本を参考に、こんな絵を描いていたよ」と過去の生徒作品を照らし合わせて説明すると、《自分の中から主題を生み出すこと》が大変だけど素晴らしいということに納得してもらいやすかったです。先輩たちに感謝ですね♪

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました