- 先生や教職志望者をやさしく応援するブログ -
スポンサーリンク

美術室に置く生徒向け資料本・おすすめの「技法書」

元美術教師がおすすめする中学校高校美術室の予算で買う本技法書美術室に置きたい本

こんにちは。
元美術教師のうさぎ先生です。

  • 美術室どんな本を置けばいいか分からない
  • 生徒用資料として役立つ本を知りたい
  • 生徒へ説明する際の教師の補助として役立つ本を知りたい
  • 免許外教科担任・臨時免許で美術を持つことになって困っている

こんな方におすすめの記事です。

著作権の都合上本の中身を載せられないのが残念ですが、授業部活で使える生徒用資料の一例として、これから先生を目指す人や現役の美術の先生、免外や臨免で美術を担当している先生方にも役立ててもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は《技法書》にまつわる本の紹介です

制作のどの段階で見せるかが重要

技法書系の本については、テーマが決まったり、こういう作品にしたいというイメージが固まったりした後に見るものとして渡していました。

前提としてしっかりと「これを描きたい・作りたい気持ち」というがないと、ただテクニックを追うだけになってしまうんですよね。

表現したいという気持ちが追いつかないまま作業を進めても、効果が半減する気がしています。

部活動などであくまでも練習のための模写に使うなら、また別なんですけどね。

テクニックが思考を自由にする

テクニックを追うだけでは効果が半減する…とは思っていますが、テクニックがないとイライラして、描きたい気持ちが半減していくこともまた事実だと思っています。

「美術が苦手」だと思っている生徒にとっては尚更でしょう。

「描きたいけど描けない!こんなんじゃ水面に見えない!でもどうやったら水っぽくなるのかわからない!!もういい!!!」と、投げ出してしまう感じですね。

わたし自身は決して優秀な生徒ではなかったので、テクニックがない苦しさも美術教師界の中では割と味わってきている方だと思います。

「このテクニックを、学生のときに知っていれば…!」と、先生になってから思うこともしばしばありました。

テクニックが必須だとは思いません。
でも、テクニックがあることで思考が自由になる部分があるのは事実だと思います。

「こんなアイデア思いついたけど、どうせ描けないし、やーめた!」は、もったいないですからね。

テクニックを学ぶことは非常に重要ですし、これからご紹介するような本にも意味が出てきます。

カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~

タイトル通り、光と風景との関係性光により変化する色合いについて詳しく書かれています。

ぱぱっと見て実践で描こう!というタイプの本ではなく、解説文をよく読んでようやくなるほどなぁとなるタイプの本です。

技法とともに知識を得る感じですので、美術に苦手意識がある生徒には難しく感じてしまって逆効果かもしれませんので、先生が一緒に読み進めることをおすすめしたいです。

写真みたいな絵が描ける色鉛筆画

美術に詳しくない人ほど、保護者も他教科の先生も、「油絵はすごい。色鉛筆はなんだかチープ。」と口にする気がします。

油絵だからって何でもかんでもすごいということはないし、入手が容易だからってイコール色鉛筆がチープなわけではないのですが…なんでそうなっちゃうでしょうね…。

「色鉛筆なんかで描いてるの?なんで?と親から笑われた」と生徒から聞いて、それが先生として悔しく感じて、色鉛筆もいろいろできるよ!すごいよ!と励ましたくて導入した本です。

風景の中の水を描く

水面だけではなく岩や植物の映り込みなど、とにかく水の表現にこだわって作られている一冊です。

中学生にとってはやや難易度が高い内容なのですが、「水を描きたい!」と言う生徒はデフォルメ的に表現したいというよりはリアルさを追求する傾向が強かった気がしますので、生徒の希望とは合致していたと思います。

いちばんていねいな、自然の風景の水彩レッスン

木々や岩、川など、幅広く自然の風景が扱われています。

この本と一緒に、別の記事で紹介している男鹿和雄さんや山本二三さんの画集を見せることもありました。

いちばんていねいな、花々の水彩レッスン

上の本と同じシリーズです。

花の写真集と一緒に見せて、葉と葉の重なり具合花びらの薄さの表現などをどこまでリアルに表現するかを一緒に考える際に便利な本でした。

おわりに・美術の先生としての指導上の留意点

授業中に生徒自身でネット検索ができる環境があったり、生徒自身が自宅でプリントアウトをしたりパンフレットや本などを用意することが容易な環境であれば、今回ご紹介したような資料の選び方とはまた違ってくるかもしれません。

美術の先生の役割として共通していることは、著作権に関する指導です。

本に載っている写真や絵を「自分の作品」としてそのまま描いたり作ったりしてしまわないようにという指導を欠かさないように気をつけていました。

資料はあくまでも表現のヒントであるということ、そして《自分の中から主題を生み出すこと》の大切さと尊さを伝えることが重要なんですよね。

「先輩はこの本を参考に、こんな絵を描いていたよ」と言って過去の生徒作品と書籍を照らし合わせて説明すると、《自分の中から主題を生み出すこと》大変だけど素晴らしいということに納得してもらいやすかったです。先輩たちに感謝ですね。

この記事が生徒用資料書籍の一例として、これから先生を目指す人や現役の美術の先生、免外や臨免で美術を担当している先生方にとって少しでも参考になると嬉しいです。

他にも生徒用資料に関する記事を書いています。
ぜひあわせてご覧くださいね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました