ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

PHPは古いままだと危険?リスクを減らして安全に更新する4つの方法とエックスサーバーでの実践例

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバーブログデザイン

こんにちは。
元美術教師のうさぎ先生です。

《ある程度》の知識しかない初心者ですが、2020年2月末にWordPressでブログを開設しました。
さまざまな設定を進めていく中で、役立った情報助けてもらった記事をまとめたカテゴリーです。

使用テーマ:Cocoon
使用スキン:おでかけレモン
使用サーバー:エックスサーバー

今回は、以前から気になっていたPHPのバージョンアップについての話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

古いバージョンのPHPは危険?

そもそもPHPって何?

PHPというのは、サーバー側のスクリプト言語のことだそうです。
WordPressがCocoonが……と言うものではなくて、利用しているサーバーの方で設定する要素だということですね。

WordPressダッシュボードのサイトヘルスに、半年ほど前からでしょうか。こんな表示が出ていました。

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る方法エックスサーバー

サイトがPHPの古いバージョン(7.2.29)を実行しており、更新をおすすめします

しかし重大なエラーではないと思われることと、聴き慣れないPHPという言葉になんだか難しそうだと感じてしまったことで、わたしは2020年2月末のブログ開設から一度もバージョンアップをしていませんでした。

更新するメリットは?

サイトヘルスステータスによると

PHPの新しいバージョンはより高速安全なため、最新の状態を維持することにより、サイトの全体的なパフォーマンスセキュリティ向上します。

とあります。

表示されていたPHPの更新についてさらに詳しくというリンク先を読むと、“パフォーマンスは3〜4倍に向上する”そして“古いPHPはハッカーの標的になったときのための最新のセキュリティが含まれていない”とのこと。

古いPHPのままだと遅いし、しかも危ないよ!
ってことですね。

これを読むと「あ、更新した方がいいんだな」って素直に感じました。

しかしそうは言っても、初めてのことなので心配です。
Cocoonフォーラムを見てみたところ、幸いなことにPHPの更新について触れられているトピックがありました。

やはりPHPというのは最新版に更新しておいたほうがよさそうです。テーマ作成者さんがおっしゃることには説得力があります。
もしも仮にエラーが出たとしても、サーバーのコントロールパネルから容易に元に戻せるそうです。

このままずっと古いままではいられないでしょうし……更新してみることにしました!

PHPを更新する前に

リスクを減らすために

先ほどのPHPの更新についてさらに詳しくのページに、PHPを更新する前に読むべき項目が用意されていました。

バージョンアップ前にリスクを減らす方法が4つ紹介されています。1つずつ確認していきますね。

①バックアップを作成する

WordPressのメジャーアップデート同様、大きな変更をする前には必ずバックアップを取りましょう。何が起こるか分かりませんからね。

わたしが利用しているバックアッププラグインは《UpdraftPlus》で、通常時は週に一度バックアップを取るように設定してあります。バックアップの保存は6件分にしているので、1ヶ月半ほど前まで遡れる状態です。
設定には、こちらの記事↓を参考にさせていただきました。

今回は手動でバックアップを取りました。
Google Drive(無料分は最大15GB)を使っています。

②WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする

わたしはつい先日、WP5.6に更新したところでした。PHPの更新とタイミングが前後してしまわないように要注意ですね。

③PHPの互換性をチェックする

WP公式では《PHP Compatibility Checker》なるプラグインが紹介されているのですが、そもそもこの《PHP Compatibility Checker》の検証済み最新バージョンがWP5.2.9(2021/1現在の最新は5.6)ということで、しばらくメンテナンスやサポートがされていないかもしれないようです。

PHP compatibility checker プラグインWordPress

それってどうすれば……?と迷いましたが、結局わたしは使いませんでした。

④PHP互換性の問題を修正する

こちらは③のプラグインでエラーが出た場合の修正とのことでしたが、“該当するテーマやプラグインの開発者に連絡し、調査を依頼してください”とありまして、正直わたしに調査を依頼なんて出来る気がしなくてですね……。

これもあって、③と④はスルーしてしまいました。みなさんが更新なさる際には改善されている可能性もあるので、ご自身で調べてみてくださいね。

レンタルサーバーごとに手順が異なる

さて、冒頭にもあったようにPHPの更新はあくまでサーバー側ということで、ここでWordPressの出番はおしまいです。

こちらのページのサーバー一覧に利用中のサーバーがない場合は、自身でレンタルサーバー宛に問い合わせる必要があるそうです。ぱっと見た感じだと、ConoHa WING・MixHost・ロリポップ・お名前.comなど、聞いたことがある有名なサーバーはどれも該当しているように思いました。

わたしが利用しているエックスサーバーも、無事リストにありました。
ここからはエックスサーバーの手順に沿って、実際に更新していく様子をご紹介しますね。

エックスサーバーのPHP更新手順

利用できるバージョンを確認

まずはバージョンの確認画面があります。

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバー

今はPHP7.2.29ということで、なんとその一世代前の7.1.xは利用を推奨しないとまで言われてしまっています!そんなに古いってことなのか、PHPは新陳代謝が早いってことなのか……?!

これはなかなか危なかったかも。
更新に踏み切ってよかったです!

更新というよりは切り替え

次に、バーションの切り替えについての説明があります。

Cocoonフォーラムでわいひらさんが書いていらしたように、戻すことも容易ということから《更新》ではなく《切り替え》となっているようです。
万が一プラグイン等に支障が出たら、PHP7.2.29に切り替えればいいってことですね。

手順はなんと2つだけ!早速実践です!

①サーバーパネルにログイン

ログイン後、「PHP Ver.切替」を選択します。
ここでも更新ではなく切り替えという言い方になっていますね。

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバー

②変更希望のバージョンを選択する

「設定対象ドメイン」を選んで、「最新(推奨)のPHP」を選ぶだけです。

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバー

とっても簡単ですね!

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバー

強いて言えば、複数のドメインをお持ちの方が一部のドメインのみを切り替える場合は、選び間違えないように注意してくださいね。

おわりに

サイトヘルスステータスはご覧の通りです。

PHPを最新版にするメリット初心者にも出来る簡単な方法エックスサーバー

すばらしい!なんて、初めて見ました。
気持ちがいいですね♪

今回は、ブログ初心者がPHPを最新版に切り替えました。PHPの更新を考えている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました