ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

【教育ニュース】生徒を通さず、保護者と先生が物事を決定しちゃう?学校とハンコに関する話題

学校現場でハンコ廃止保護者メール配信教育系ニュース

こんにちは。元美術教師のうさぎ先生です。

このカテゴリーでは教育系ニュース記事を読んで、教育現場にいた頃を思い出したり、離れた場にいるからこそ客観的に見えたりしたことを、うさぎ先生なりにまとめていきます。

今回の話題は、「学校とハンコ」についてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍で話題のハンコ

緊急事態宣言以降、テレワークを導入する企業が増加しました。
そこで話題となったのが、《ハンコのための出社》でした。

中小法人を中心にクラウド会計ソフトを提供するfreee社の調査によると、「テレワーク中に出社しなければならない」と回答した人は76.7%、その理由については「取引先から送られてくる書類の確認・整理作業」が38.3%、「契約書の押印作業」が22.2%。調査の対象である比較的小規模の事業者や内勤事務職などはまさにテレワークを導入しやすい形態であるにもかかわらず、紙やハンコの押印が必要な作業の為に出社せざるを得ない人が多いことが分かる。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/20/news022.html

《ITmedia ビジネスオンライン》の5月20日の記事です。
書類の整理押印作業のために、出社せざるを得ない機会があるという人が多いようです。

わたしの元勤務校では出勤簿にハンコを押すという動作は2018年頃まではおこなわれていましたが、働き方改革に合わせて勤務時間の記録が必要になった際に、IDカードのタッチに切り替わりました。
出張で直帰の場合には自己申告の退勤時刻でよかったですし、タイムカードのために学校に行くということはまずなかったです。
そもそも出勤簿時代にも、毎日欠かさず押すっていう感じではなかった(月末にまとめて押したりしてた)ので、出勤時のハンコに対しての考え方はゆるいほうだったのだと今となっては思います。

そして先日、行政手続きにおいてハンコを廃止していく方向性が発表されました。

河野太郎行政改革相は24日、全府省に行政手続きでハンコを使用しないよう要請した。そのうえで業務上、押印が必要な場合は理由を今月内に回答するように求めた。河野氏は23日のデジタル改革関係閣僚会議で「ハンコをすぐになくしたい」と述べていた。

https://www.asahi.com/articles/ASN9T00WCN9SUTFK01F.html

《朝日新聞デジタル》の9月25日の記事です。上の記事から約4ヶ月で、急速にハンコ廃止が進んだという印象です。

では次に、教育現場とハンコについて見ていきます。

保護者との書類のやり取り

保護者に直接メールで?

《日テレNEWS24》10月20日の記事です。
学校の業務効率化につながるとありますが、学校においてハンコが必要な場面を振り返ってみました。

ハンコが必要な場面

わたしの元勤務校は私立の中高一貫でした。中学生を担当することがほとんどでしたが、ある程度保護者の手を離れた高校生とは違って、何かと保護者とのやりとりは多かったです。

ハンコが必要だった場面を振り返ると・・・

■日常の中で必要だったもの
教材の申し込み・講演会の出欠・PTA役員引き受けの可否・成績表確認・三者面談の日程伺い・合宿の申し込み・早退や体調に関する連絡

■将来や命を特に大きく左右するもの
資格試験の申し込み・留学の申し込み・進路調査書・入学願書・食品アレルギーに関する確認書類・学校内の怪我に関する保険書類

他には保護者印ではありませんが、インフルエンザ等の感染症に関する医師からの証明など、出席日数や成績に大きく関わるものもありました。

日常の中で必要だったもの

■日常の中で必要だったもの
教材の申し込み・講演会の出欠・PTA役員引き受けの可否・成績表確認・三者面談の日程伺い・合宿の申し込み・早退や体調に関する連絡

ハンコが必要だったというよりは、親の目を通った(であろう)という確認が必要でした。

鞄の中にぐちゃぐちゃになったプリントが押し込まれている生徒もいましたし、家の中で兄弟のプリントと混ざって整理されず放置されている家庭もありました。
うっかりさんのまま大人になってもらっては困るということで、ハンコがないからと保護者に電話をかけたり、ハンコを押してもらうために一旦帰ってもう一度登校させるなどもありました。
場合によってはネグレクトや発達障害など、家庭へサポートが必要だと分かるきっかけにもなっていたと思います。

先生たちは何も、ハンコそのものが欲しいわけではないのです。

まぁ中には、ハンコのために帰るのが嫌だとか、親とケンカしているとかで、100均で買ったハンコを自分で押す生徒もいましたが・・・それが後からバレるとより大きな問題になるという・・・。
「法事で休ませます」と嘘を書いて自らハンコを押して遊びに行ってしまって・・・などですね。怠学行為(いわゆるサボり)ってやつです。

将来や命を特に大きく左右するもの

■将来や命を特に大きく左右するもの
資格試験の申し込み・進路調査書・入学願書・食品アレルギーに関する確認書類・学校内の怪我に関する保険書類

怠学で映画見に行くぐらいならかわいいものですが(困るけど)、成績表を一切親に見せていないことが後から分かって進路決定のタイミングで大揉めするとか、英検申し込んだ申し込んでないだとか。遅刻の回数が多いという警告を確認してもらっているはずなのに、いざ推薦が申し込めないとなってようやく親に伝わってなかったことが分かったとか・・・。

そういう意味ではハンコ文化があるからって、確認が確実だったわけではありませんでした。

最近はネット出願も増えていますが、入学時の誓約書なども直筆・押印など不要となると、少し馴染まない感じがします。保証人の欄とかどうするんだろう?省庁でもハンコがなくなるぐらいなら、問題ないのかもしれませんが・・・。
アクシデント発生時に、書類を見た・見てないという水掛け論的な話になったら、どういう判断になるのでしょうか。

ハンコがなくなるとどうなる?

生徒の目を通らないのはどうかと思う

わたしの考えでは、あくまでも生徒自身に関する何らかの書類なわけですから、基本的には生徒自身がその内容を読んだ上で保護者に渡す・教師に提出することが重要だと思っています。

メールなどでの直接保護者に向けた配信となると、生徒自身が気づかない間に、ともすれば生徒の意に反して、何かが申し込まれたり決定されたりするのではないか?という危惧があります。多感な時期ですから、親とうまく話せないっていう生徒も多いはずです。
物事の決定に関して、保護者の意思が強く出てしまうようになるんじゃないかな・・・。

また、生徒が自分自身でプリントをなくさないような管理方法を学ぶ中で、責任感も芽生えると思います。親が何でもやってくれる、という状態になるのも心配です。

ちゃんと読んでくれる?

保護者の方にとっては、いちいちハンコが必要な現状はたしかに負担だと思います。入学時・卒業時(受験時)には特に書類が多く、いくつ署名捺印したか分からなくなっちゃうだろうなっていうぐらいの量があります。

たとえばPTAの出欠確認などが保護者に配信されて、ワンタップで済むようになると便利だとは思います。
しかしアプリ等の利用規約などを読み飛ばす人の多さを考えると、「本当に読んでくれるのかな?」と心配です。まぁ紙媒体でも、読まない人は読まないですけど・・・(^ x ^;)
結局、確認のために保護者への電話が増えるだけな気もします。

また、いわゆる円満な家庭ばかりではありません。メールが父親に配信されて、母親が知らない間になんらかの判断が・・・なんてこともありえると思います。
紙媒体でも一部の家族にしか見せない場合はあると思いますが、生徒本人は見ますから、そこが異なりますよね。

2つ作ることになる?

オンライン授業の話題でも思いましたが、スマホやパソコンが全家庭にあるわけではないので、そのあたりも気になるところです。
《メール版》と《プリント版》の2つが必要だとしたら、この人はプリントにしなきゃ、この人は今月からメールOKになったんだったな、とか判断する手間を考えると・・・教師にとっては負担増だと思います。

元勤務校では、災害等の発生の場合を考えて一斉メール配信のシステムを利用していましたが、メールが届かなかった・アドレスの変え方が分からないなどの問い合わせを受けるのも先生でした。
一斉メールだと多少の遅延が生じる場合もあり「○○さんには来てるのにうちには来てない・・・あ、今届きました」といった問い合わせ電話も。
そのあたりのケアを誰がするのか考えることや、保護者側の多少の寛容さみたいなものも求められますね。

おわりに

こう考えていくと、《ハンコをなくすこと》というよりは《保護者への配信》になってしまうことに対して、わたしは反対です。
かと言って、《紙媒体でハンコなし》だと保護者まで届かずに生徒本人で止まってしまう書類も出てくるとは思うので、難しいところですが・・・。

学校教育は生徒・保護者・先生3つが協力することで成り立つものだと思っているので、今のところは報道を見ていて違和感の方が大きいです。
生徒にとって不利にならないやり方が確立されていくといいなぁと思います。

以上、学校とハンコに関する話題をまとめた記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました