- 現役の先生や教員志望の人を応援するブログ -
スポンサーリンク

今度は何!?「Important updates about GDPR compliance」というメールがGoogleから来ました……

広告制限グーグルアドセンスImportant updates about GDPR complianceGoogleサービス

こんにちは。
元美術教師のうさぎ先生です。

「ブログ初心者でもOK!」な情報をお伝えします♪

▽このブログの運営環境はこちら
開 始 :2020年2月末
テーマ :Cocoon
スキン :おでかけレモン
サーバー:エックスサーバー
Google :アドセンス/アナリティクス/サーチコンソール

Googleアドセンスから、6月の広告停止があって以来のメールがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ようやく解除されたところで・・・

6月に広告制限を経験し・・・
30日間きっちり制限されました(;x;)

そんなGoogleアドセンスから今日は「Important updates about GDPR compliance」というメールが来ていました。

今度は、一体何・・・?!

タイトルが英語ということで嫌な予感がしましたが、本文もすべて英語です。
Google翻訳によると、次のような内容でした。

愛するパートナー、

最近の欧州連合司法裁判所がデータ転送を決定し、プライバシーシールドを無効にした結果、Googleは、オンライン広告および測定個人データを欧州経済領域から転送するための標準契約条項(SCC)に移行します。スイスとイギリス。

そのため、既存のGoogle広告データ処理規約、Google広告コントローラ-コントローラデータ保護規約、Google Measurement Controller-コントローラデータ保護規約を更新し、欧州委員会が採用した関連SCCを追加します。

これらの更新は、GDPRへの準拠のみを目的としています。この更新では、データに対するGoogleの追加の権利は付与されません。 Google広告データ処理規約またはGoogle広告コントローラ-コントローラデータ保護規約がすでに契約に含まれている場合(または、利用可能な場合はGoogle Measurement Controller-コントローラデータ保護規約に別途同意した場合)、更新は8月12日から適用されます2020。

詳細については、この記事を参照してください。引き続き更新されるか、(該当する場合)Googleの担当者にご連絡ください。

おかげで、
Googleチーム

うーーーーーん、わからん……

期限付きのようだし、わざわざお知らせが来るということは何か意味があるんだと思うのですが……

似ている気になるもの

そういえば、いつからだったかアドセンスのページにこんな通知が出ていました。
こちらも気になっていています。

CCPAグーグルアドセンス

カリフォルニア州消費者プライバシー法によるお客様への影響
カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)はデータのプライバシーに関する法律です。お客様は、個人情報の販売を拒否する選択肢をカリフォルニア州の居住者に提供するよう求められる場合があります。
カリフォルニア州消費者プライバシー法の詳細をご確認ください。

プライバシーがetc……っていうところが似てるなぁって思いましたが、この記事を書きながら、またちょっと違うもののような気がしてきました。

「カリフォルニア州からアクセスされた場合に、個人に適した広告を表示することはできなくなったよ。プライバシーを守りたいからね。」みたいなことかなぁ?となんとなーく思っています。

おわりに

残念ながらいずれの通知に対しても、まだはっきりとしたことは分からない状態です。
今後も情報を注視しておこうと思います。

Googleのサービスを使う方の参考になれば幸いです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました