- 現役の先生や教員志望の人を応援するブログ -
スポンサーリンク

中学生に美術史を教える前に読んだおすすめの本 〜美術史ざっくり入門書編

美術教科教材研究中学生高校生西洋日本美術史ざっくり教師向けおすすめ本

こんにちは。
元美術教師のうさぎせんせいです。

女子校に8年間勤めていたうさぎせんせいは、教材研究のためにいろいろな本を読みました。

このカテゴリーでは、美術の授業や部活動の指導において「生徒への伝え方の参考になった」「指導のための技術や知識を身につけられたと思った本を紹介します。

権利の都合上中身は載せられないのが残念ですが、先生のための書籍選びの一例として、現役の先生や先生を目指す人に役立ててもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は《ざっくり美術史全体の流れ》が分かる本

美術の教材研究の中でも、特に鑑賞領域美術史にまつわる授業で役立った《ざっくり美術史全体の流れ》が分かる本をご紹介します。

いずれも、美術史や作家に関する知識が少ない人向けに書かれている入門書的な本ばかりなので、「どう伝えれば生徒に伝わるか」という発見にもなりますし、美術史があまり得意ではないという先生自身の勉強にもおすすめです。

BRUTUS特別編集合本 日本美術がわかる。西洋美術がわかる。/マガジンハウス

『BRUTUS』はもともと、月2回出版の雑誌です。
この特別編集合本は、2012年・2013年に特集された「日本美術総まとめ。」「西洋美術総まとめ。」を、再編集してまとめた一冊です。

「日本美術史」の部分はおもに東京国立博物館に焦点を当てて弥生・古墳時代から明治時代までの作品と歴史が、「西洋美術史」の部分は古代ギリシャ・ローマから第一次世界大戦後までの作品と歴史が、それぞれ約50ページずつにぎゅっと凝縮されています。

たとえば平安時代では“不安時代。地震、戦乱、火事、末法。「平安」といいながら、まるでピースフルでなかった王朝貴族は密教と浄土教に救いを求めた。”というキャッチフレーズのもと、法具の一つである金銅五鈷杵こんどうごこしょや重要文化財の不動明王立像ふどうみょうおうりゅうぞうなどが4ページにわたって紹介されています。

もともとは〈雑誌〉ということで、レイアウトにも文章にもいい意味でラフさがあり、とても読みやすいです。

美術史の知識が豊富な人にとっては、この時代を紹介するならこの作品を、あの作家を……と感じる部分もあるかもしれませんが、ざっくり全体を掴むための入門書として考えるとかなりおすすめです。

あえて言えば出版年が2014年なので、(内容が美術史なのでそれほど影響はない気もしますが)情報としては少々古い部分もあるかもしれません。新品が手に入りにくいというのもあります。

美術史全体の流れを掴むこととは若干逸れますが、2020年に出版されたこちらの本もいいと思います。日本美術と西洋美術の作品が、それぞれ100作品ずつピックアップされています。

この手の〈雑誌〉は価格も安くてラフさがあって好きなのですが、なかなか重版されないっていうところが難点ですね。

チャートで読み解く美術史入門/ナカムラクニオ/玄光社

冒頭に“美術史とは、大きな川です。”とあります。
かつては儀式や祈りのために使われたものが、宗教の教えや心の内を表現する存在になり、やがて現代では体験するタイプの鑑賞方法が生まれ……という大きな歴史の流れをふまえて、作品や作家が互いにどう影響しあったのかという関係性が、独自の解釈で分かりやすく書かれています。

全体的に年表ポジショニングマップが多く使われており、流れや関係性を重視しています。
その分、一人ひとりの作家については短い言葉で端的に語られています。ざっくりすっきり流れを学びたい人におすすめです。

図版がかなり多めで、本物の作品写真ではなくすべてナカムラさんが描いた挿絵です。
親しみやすさと統一されたビジュアルは分かりやすいのですが、もし生徒に直接見せることがあれば一言、いわゆる本物ではないことを付け加えた方がいいですね。

101人の画家/視覚デザイン研究所

作家本人に人生を振り返って語ってもらったというコンセプトで、見開き2ページにつき一人の作家について、ストーリーマンガ形式で描かれています。

作品を知ると言うよりは、作者本人の人生やドラマに焦点を当てているところが特徴で、手書きの文字を交えてリズミカルに構成されているのでとにかく読みやすくて、とっつきやすい一冊です。

ストーリーマンガとは別に、作家ごとに3つのキーワード人生年表が載っています。
3つのキーワードはそれぞれ①美術史的解説②パーソナリティ③おすすめの一作で、たとえばスーラであればこの3つです。

①理論で描こうとした画家
②温厚なお洒落さん
③「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

作家の人柄がよく分かるので、勉強のために読む本という感じがなく、純粋に読み物として面白いと思います。掲載は時代順ではなくあいうえお順ですので、順序を追わなきゃって!感じがしないところも好きです。
ちなみにレオナール・フジタとホクサイ以外は、全員海外の作家です。

マンガの中に出てくる図版は本物の作品写真で、巻末には各作品の所蔵先・大きさ・描画材(油彩、パステル、など)が掲載されているところも非常に便利です。

上の2冊のような美術史全体の流れをざっくり掴める本と、この本のような作家自身の人生の流れをざっくり掴める本とを組み合わせると、知識がより一層深まっておすすめです♪

わたしが持っている本はワイド版と書かれたB5版タイプですが、現在販売されているものはA5版タイプ(少し小さい)ようです。

おわりに・美術史の授業についての考え方

わたし自身は美大に入るまで、美術史に関する知識にはほとんど触れずに生きてきました。

作品に対する世間の評判自身の感じ方のギャップに苦しんだからこそ、生徒たちには自分自身の感動」を大切にしてほしいと心がけて教材研究をしました。

他方で、知識を増やして経験を積むごとに……
「美術教師は個人的な好みを生徒に押し付ける」という誤解を恐れるあまり、結局わたし自身は自分の感動を大切にすることが出来なくなってしまった気もします。

「どの作品も素敵で、いいところがある」

それはそれで嘘ではないし間違いではないのですが、「自分自身の感動」を大切にすることとは少し方向が異なっていってしまったのです。
一個人としてのインプットをする時間と気持ちの余裕がうまく作れなかったこともあり、8年の歳月で、わたしにとっては美術教師という立場が少々窮屈なものになってしまいました……。

おすすめ 先生を辞めたくなった理由と経緯
おすすめ 世間の美術の教師像に物申したい!

先生としてある程度の知識を蓄えることは必要です。
でもそれと同じくらい、一個人としての「自分自身の感動」を忘れずに過ごすことを強くおすすめしたいです。

勤務校の環境にもよると思いますが
自分自身のための機会

意識的に作らないとなくなるので
気をつけてくださいね……♪

この記事が、現役の先生や先生を目指す人にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました