ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

FCPXライブラリを整理して内蔵HDDをあける方法

fcpx-before-afterブログPCお道具箱
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PCが重い

うさぎ先生のMacBookProのスペックはこちら。

MBP容量

ストレージの利用状況はこちら。

MBP容量

なかなかの圧迫具合です。

生徒の動画を編集したり、
シルバニアのコマ撮りアニメを作ったりするごとに
ああメモリは16GB以上に
するべきだったなぁと後悔・・・(^ x ^;)

これからオンライン授業や映像授業の
需要が高まれば、先生たちのPCのスペック
求められていくのでしょうか。

今回は、この重すぎるPCを軽くするために
おこなったことをご紹介します。

重さの原因はFinalCutProX

どうすれば軽くなる?

FCPX自体を外付けHDDに移動する
イメージだったのですが、
ちょっと違うみたいです。

お世話になった記事はこちら♪

どうやら、ライブラリというところを
整理するとよさそうです。

バックアップ対策を忘れずに・・・

ライブラリの引用元を外付けHDDに

内蔵HDD《ムービー》の中の
《ライブラリファイル》をドラッグ&ドロップで、
外付けHDDにコピーします。

移動ではなく、コピーです。

fcpxライブラリ整理

FCPXを開いて、
ファイル→ライブラリを開く→その他

fcpxライブラリ整理

すると、こんなふうに・・・

fcpxライブラリ整理

右端の《場所》という項目に注目です。

《Macintosh HD》は、
本体の内蔵HDDのことです。

左下の《場所を確認》から
外付けHDDの中のデータを選びます。

そのあと、もう一度
ファイル→ライブラリを開く→その他

fcpxライブラリ整理

外付けHDDの名前である
《My Passport for Mac》が表示されています。
このライブラリをクリックすると、
FCPXに反映されます。

これで、外付けHDDに入っている
ライブラリを引用することができました♪

内蔵HDDに入っている他のライブラリも、
同様に外付けHDDに移動しました。

この動作が確認できたら、
内蔵HDDに入っているライブラリは不要です。

少し不安だったので・・・
一度ゴミ箱に入れて様子を見てから、
完全に削除しました。

iMovieライブラリも同様に

imovieライブラリ整理

同じ方法で、iMovieの
ライブラリも移動可能でした。

結果は・・・

fcpxライブラリ整理

ゴミ箱を空にして、ストレージを確認すると・・・

fcpxライブラリ整理

すっきり!!

空き容量が42GB→131GBということで、
90GB近く減らすことができました。
Appが妙に増えているのは・・・
なんだろう?(^ x ^;)

先生も、もちろん先生じゃない人も。

PCが重くて困っているFCPXユーザーさんは一度、
ライブラリの保存場所を見直してみてくださいね♪



ブログランキングに登録しました。
1日1クリックしていただけると順位が上がります☆彡




ブログPCお道具箱
スポンサーリンク
この記事をシェアする
うさぎ先生をフォローする
スポンサーリンク
うさぎ先生のひきだし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました