ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

卒業記念ムービーを《パソコンがなくても見れるDVD》として焼く方法

元美術教師がおすすめする中学校高校の先生がmacでテレビで見られる形式にするためにDVDをオーサリングする方法実務お役立ち

こんにちは。元美術教師のうさぎ先生です。

卒業シーズンによくある、生徒の行事や部活の発表に関する映像をDVDに焼く機会・・・結構多いですよね。
パソコンで見るだけならすぐにできるのですが、テレビでも・・・というか、一般的なDVDプレイヤーで見るには特別な処理が必要ですよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卒業記念ムービーをDVDに

一斉休校により、うさぎ先生の勤務校では3月には一度も登校日がありませんでした。
最後に出勤した日には、卒業式で見せるはずだった卒業記念ムービーをDVDに焼き続けました。

これまでにも何度か同様の手順を踏んだことがあったのですが、なんとmacOSのバージョンアップに伴い、やり方が変わっていたのです・・・!
予想以上に大変だったのですが・・・とても助かった記事&動画があったので、ご紹介しますね。

これまでのやり方

パソコンを使ってデータとして見るだけならばなんてことない簡単なのことなのですが、今回は、テレビでも見られる状態のDVDなのです。

この特別な処理のことを、オーサリングと言ったりするそうです。

わたしがムービーを作る時に使ったソフトは、こちらのFinal Cut Pro Xです。

そしてこれまで頼りにしてた記事はこちら↓です。

ざっくり言うと・・・拡張子をisoに変えて右クリックするだけで、すぐ出来ていたんです。
ところが今回は、今までのようにはできなかったのです。

もしやと思い検索して見てみると

なんと!
macOS Catalinaではこの方法が使えないとのこと!!

えー・・・(・x・;;)||||

逆に言うとCatalina以前のバージョンのMacをお使いなら、今もこの方法で可能だと思います。

この方が試した方法やAppleコミュニティに書かれている方法を試してみましたが、パソコンに詳しくないうさぎ先生には、うまくできず・・・。

これは困った。

最近はスマホやタブレットだけというご家庭も多かったり、パソコンはあるけれど保護者の方の仕事用だから触らせたくないという場合もあるので、テレビで見れるようにしたいんだけど・・・。

Catalinaでも出来る方法が見つかりました

見つかりました。なんと、YouTubeで!

コメントで頂きましたCatalinaでのDVDが焼けない問題。これで製作できます!Final Cut Pro X Tutorial : HOW TO BURN A DVD FROM FCPX

「ターミナル」なんて、これまで触ったこともなかった項目です・・・。
不安でしたが、この動画を何度も一時停止を繰り返しながら確認して、実践してみたところ・・・

焼けました!!!
グラマガチャンネルさんありがとうございます!!!

Catalinaで焼けない!と分かってからなんとここまで、数時間かかってます・・・
本当によかった・・・

おわりに

おかげさまで、卒業記念ムービーを焼くことができました。

生徒にこのDVDを手渡すのは、わたしではない誰か別の先生になってしまうことが残念ですが・・・。

学校再開して、生徒に、家族に、テレビを囲んで一緒に見てもらえますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました