ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

うさぎ先生が影響を受けた人 〜田村ゆかりさん

田村ゆかりはぁとのためいきいたずら黒うさぎ音楽アニメゲーム

こんにちは。中学校で美術教師をやっている、うさぎ先生です。

このブログの目的の一つである《好き・美しい・楽しい・面白いと思うことを、一個人として表現していきたいなぁ》を、叶えるためのカテゴリーです。

さて、今日は2月27日。とある人の誕生日です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遡ること、12歳。

ラジオを聴く小学生だった

地元の小学生が地元のFMラジオに出る、みたいなことがあったんですよね。
友達が出たんだったか、なんか細かいことは覚えていないのですが・・・それをきっかけになんとなくラジオに興味が出て。
あとは6つ年上の姉が小室ファミリーのラジオ?みたいなのを聴いていたので、なんとなく我が家にはラジオを聴く文化がありました。

チャンネルの目盛りを動かして、アニメっぽいなぁと思うものを覚えて聴いたりして、そしてどういうきっかけだったかは忘れましたが中1の時に出会ってしまいました。

田村ゆかりのはぁとのためいき

「このかわいい人は、誰だ・・・!!!」と、もう、衝撃的でした。
中1の時なので、声優さんという存在もあんまりわかってなくて、声がかわいくて、お話が面白いお姉さんっていう感じでした。

だんだん、アニメのオープニングなどの曲を歌っていることが分かってきました。
しかし近所のCDショップに行くも売っておらず。歌手なの?声優?なんなの???と(笑

『ぴたテン』という主演アニメがあることもわかったけれど、子どもながらに・・・親の前では見づらいなと感じていたため、なかなか見れず・・・。
テレビはそういう意味でハードルが高くて、部屋で1人で聴けるラジオとはちょっと違う存在だなぁと思います。
今でこそスマホでネットでっていう時代ですが、当時はやっとカラーのガラケーになったぐらいの時代でした。

そうこうしているうちに、番組が終了してしまいます。
Wikipediaによると放送期間は“2002年4月11日 – 2003年3月26日”だったとのことでした。

え、もう田村さんのラジオ・・・聴けないの・・・(;x;)
(当時はなぜか、愛称ではなく“田村さん”と呼んでいたわたし)

残念だなーと思いながら、他のラジオを聴いていて・・・ふと、聴いたことのある声・・・

「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」

なんと、違う番組がスタートしていたのです!
はぁとのためいきとは違うチャンネル(局)だったので、今思えばよく出会えたなと思います。

遅い時間だったので中学生には大変でしたが、カセットテープに録音しておいて、勉強しながら聴くこともありました。声優という職業があることもだんだん分かってきて、少しずつアニメを聴いたりCDを買ったり、ゆかりんに触れる時間が増えていきます。

CDを買うのは結構大変でしたが・・・。
ゲーマーズの存在を知って楽になったのが、中3ぐらいかな。
アニメイトはちょっとわたしにとっては入りづらい雰囲気で・・・ゲマのほうが好きです(^ x ^;)

お姉ちゃんからのご褒美

あれは忘れもしない、高1の1学期の中間試験。
高校に入って、ほんとに本気で勉強して、中間の3週間前からずっと勉強しまくって、かつてない好成績を獲得したんです。

そんなわたしに、お姉ちゃんが「何か1枚、CDを買ってあげる」と。ごほうびってやつですね。

迷わず選んだのは2005年5月25日発売の「恋せよ女の子」でした。
コナミからゲームも出ていた、『極上生徒会』のアニメのオープニング曲です。

お姉ちゃんは全然アニメもゲームも興味ない人ですが、わたしの中では勝手にお姉ちゃんとの思い出ソングです(笑

そうして今現在、2020年。

ゆとり教育ならぬゆかり教育

多感な時期に出会ってしまったので、ゆとり教育ならぬ「ゆかり教育を受けた」と自称していますが・・・「この人はただ単にかわいいだけじゃない!」と尊敬する部分がものすごく多くて。

なんだろう、面白いの中でも、funnyじゃなくてinterestingというか・・・。
すごく周りに気を使って、それでいて面白いというのはなかなかできることではないと、中高生ながらに感じていました。

特にライブDVDを買えるようになってからは、歌の世界とラジオのようなMCが織り交ぜられた世界が本当に楽しくて、親が家にいない時を見計らって何度も何度も見ていました。

大学で地方に行ってしまったこともありライブ初参加は意外と遅くて、『田村ゆかりLOVE LIVE2010 STARRY☆CANDY☆STRIPE』でした。
かわいくて楽しくて・・・DVDで見た光景だ・・・って、今でもそうですが、ライブが開始すると同時についつい涙してしまいます(^ x ^;)

先生ならではの・・・

就職してお金ができたと思ったら時間がなくて。
ゆかりんのライブやイベントは土日が多いのですが、うさぎ先生の勤務校は土曜に授業があり、学校行事などもいろいろあるので・・・お金があっても遠征しまくるーとかはできず。
翌月曜も朝8時には学校にいなければなので、始発の新幹線で帰ってーとかもできず。

他のファンの方々よりライブやイベントの参加数は少ないと思いますが、わたしはわたしなりのペースで参加させてもらって「ゆかりんも頑張ってるからわたしも頑張ろう!」と励みさせてもらっていました。

こちらの記事でも書いたように、好きなものを積極的に言える学校ではなかったので、土曜の授業後にライブに向かう時なんかは結構大変でした・・・。

ある日のライブ

事前にいろいろ算段を整えて、今日こそはいざ早く退勤!!と思っていた日。
生徒の携帯電話が授業中に鳴って・・・放課後持ち物検査しますよと・・・担任も立ち会ってくださいと・・・。

わたし今から新幹線に乗って武道館に行きたいんですけど・・・(;x;)

結局行くことはできたけれど、もちろん途中からになっちゃって、あれはショックだったな・・・。
でも、ライブ行きたいから帰るよ!だなんて職場でとても言えず・・・。

他にも、合宿に行くバスでCDを流すことになり生徒チョイスで用意してもらったところ、ゆかりんの『Fantastic future』が入っていて、無表情でいることに必死だったりとか・・・先生も苦労しているのです(笑

なんというか、ゆかりんの魅力を職場で語ったところで・・・いわゆるオタクじゃんっていう意見が出ることは想像に難くないので・・・先生仲間にも言えなかったよね・・・。
生徒も保護者も先生も、オタクに偏見がある人も多いですからね・・・。

オタクの何が悪いんだ!とも思うし、ラジオから入った身としてはゆかりんのトークを是非勧めたい!とも思うけど、まぁ・・・言わなかったですね・・・。

おわりに

コナミ、キング、と所属を移っていて。
いろいろときっと大人の事情があったのでしょうが、ゆかりんとしての世界を、ゆかりんとしての矜持を保つための大きな決断だったんだなと受け止めています。

自分が今大人だからこそ、お金も気持ちも相当大変だっただろうと・・・想像するとゾッとするところがあるけれど、それでも実現していくゆかりんに励まされるし、本当に尊敬します。

うさぎ先生が立志30歳で先生を辞めることを決意するにあたって、不惑40歳で決意したゆかりんに、「今だよ!」って背中を押してもらった気がしています。

田村ゆかりさん、お誕生日おめでとうございます!!

田村ゆかりさんの誕生日

ブログを立ち上げたことで、こうして堂々とゆかりんのことを書ける場ができたので、嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました