- 現役の先生や教員志望の人を応援するブログ -
スポンサーリンク

美術室に置いていて、生徒のために役立ったおすすめの本 〜動物編・いぬ

元美術教師がおすすめする中学校高校美術室の予算で買う本動物いぬ生徒向けおすすめ本

こんにちは。
元美術教師のうさぎせんせいです。

美術室に置く資料用書籍として、うさぎせんせいは8年間でいろいろな本を買いました。
このカテゴリーでは、授業や部活で実際に「生徒が熱心に見ていた」「分かりやすいと喜んでいた」「説明の補助として、教師の役に立った」と思った本を紹介しています。

権利の都合上中身は載せられないのが残念ですが、生徒用資料の一例として、現役の先生やこれから先生を目指す人に役立ててもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は《いぬ》にまつわる本

トイプードル、チワワ、ドーベルマン・・・「自分自身が飼っている」という理由で、作品のテーマに設定する生徒も多くいました。

自分で撮った写真を資料として持って来てくれる生徒も多かったですが、本で他のポーズや他の犬種を見ることで体の仕組みがわかりやすくなったり、自分の家の犬ならではの表情に気付いたりと、いろいろな発見があったようです。

『いぬ』岩合光昭 /クレヴィス

岩合さんといえば猫の写真が有名ですが、犬の写真集もあるのです。
出版社さんのサイトに、当時の展覧会情報が掲載されていました。

新しく文庫版が出たようですが、以前に出た大きさ(B5ぐらい)のほうは、記事作成時現在は在庫がもうないみたいですね・・・。

『図鑑 世界の犬 純血212種』小島 豊治, 山崎 哲 /Collar出版

とにかくいろんな犬種を!ということで選んだ本です。
ポーズはシンプルですが、重さや体長、原産国などのデータが載っており、タイトル通り図鑑感が強いです。著者の小島さんは、ドックショーの審査を50年以上務めてきたんだとか!

生徒から「わたしのおうちの犬、この種類!」と教えてもらったりして、会話が広がる一冊でもありました。

おわりに・美術の先生としての指導上の留意点

著作権に関する指導も重要です。本に載っている写真や絵を自分の作品としてそのまま描いてしまわないように・・・という指導を欠かさないように気をつけていました。

ポーズや情景をそのまま描くのではなく、あくまでもこのポーズや情景はヒントであること、《自分の中から主題を生み出すこと》の大切さと尊さを伝えていました。

「先輩はこの本を参考に、こんな絵を描いていたよ」と過去の生徒作品を照らし合わせて説明すると、《自分の中から主題を生み出すこと》が大変だけど素晴らしいということに納得してもらいやすかったです。先輩たちに感謝ですね♪

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました