ブログランキングに登録中です。クリックしていただけると励みになります♪
スポンサーリンク

おすすめゲーム・ドラクエシリーズ♪

音楽アニメゲーム

こんにちは。元美術教師のうさぎ先生です。

このブログの目的の一つである《好き・美しい・楽しい・面白いと思うことを、一個人として表現していきたいなぁ》を、叶えるためのカテゴリーです。

今回は、うさぎ先生が好きなドラクエのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うさぎ先生とドラクエ

どんなゲーム?

『ドラゴンクエスト』は、スクエアエニックスのRPGです。

Wikipediaによると・・・

ドラゴンクエストシリーズ(Dragon Quest Series)は、1986年5月27日に発売された『ドラゴンクエスト』を第一作とする、日本製コンピュータRPGのシリーズ作品。主にゲームデザイナーの堀井雄二を中心として製作され、スクウェア・エニックス(旧エニックス)が発売している。

とのこと。30年超えのコンテンツですね!
とっても有名なので、ゲームそのものが好きな方なら、一度は触れたことがあるタイトルかなって思います。

ものすごくざっくり言うと、物語の途中で仲間を集めて、ボスを倒すゲームです。
RPGはまるで小説を読んでいるかのような、ストーリーを楽しみながら進められるところが魅力の一つです。
わたしはアクションゲームは苦手で・・・。
RPGやシミュレーションゲームを選ぶことが多いです。

プレイ順

いろいろと外伝的作品もあるのですが、ナンバリングタイトルと呼ばれるいわゆる本編作品のプレイ順はおそらく3→6→8→4→5→1→2→7→11です。

違う機種で2回プレイしているものもありますが、おおよそこんな順番です。
内容がリンクしていない部分がほとんどなので、こんなにバラバラな順番でプレイしても十分楽しめる作品なのです。

今回の記事ではドラクエシリーズナンバリングタイトルについて、少しずつ紹介します♪

なお、本来はⅠ、Ⅱなどギリシャ数字表記ですが、読みやすいようにアラビア数字で記載しています。今プレイ中のナンバリングタイトルがある人は、ネタバレにご注意くださいね(^ x ^;)

ドラクエ1〜3【ロト3部作】

1、2はほとんど記憶になく・・・

大学生の時に初めてプレイしたのですが、その、あっさり終わりすぎて・・・あまり記憶がありません(笑

発売当時は革新的な作品だったのだと思うのですが、なんせファミコン時代の作品なので、他のバージョンをプレイした後だとすごく短く感じてしまうんですよね。

ロマリアで無限ループする3

姉が買ってきた中古のスーファミ版を小学生の時にやっていたのですが、中古だったからか・・・ロマリア(かなり序盤の町)まで行くと絶対にセーブデータが消えるんですよね・・・。

もしかしたらセーブせずどんどん進めていけば大丈夫だったのかもしれませんが、小学生だったので1日に何時間もプレイすることもできず・・・ロマリアまで辿り着いたぐらいでセーブするしかなくて・・・(;x;)

ただひたすら攻略本を眺めて、こんな町があるんだなーこんな装備があるんだなーって思うしかなかったです(笑

そしてしばらくして・・・ゲームボーイカラー版が発売し、無事プレイすることができました♪

ドラクエ4〜6【天空3部作】

オムニバス形式にびっくりした4

「あれ、主人公はどこに行った!?」と、章ごとにプレイヤーが動かすキャラが変わることに驚いた4。プレステ版でプレイしました。

アリーナとクリフトの掛け合いが面白かったり、ピサロが仲間になることがモヤッとしたり、ストーリーというよりキャラそのものの印象が強いです。

ビアンカを選んだ5

PS2版でプレイした5は、いきなりパパス殺されるし、奴隷になっちゃうし、石像にされるし・・・ストーリーへの印象が強かったです。
花嫁選択は、やっぱ幼少期に出会っているビアンカを選んでしまいましたねー。

あとは仲間モンスターのチロル(キラーパンサー)が印象深く、今プレイしているドラクエ10でもキラーパンサーはちろるです♪

一番好きなのは6

一番好きなのはドラクエ6、そして好きなキャラクターはバーバラです♪

わたしがやっていたのはスーファミ版ですが、今はスマホアプリでもできるんですね!

中間ボスであるムドーを倒すのがもう、当時小学生だったわたしには大変で大変で・・・今でも脳内でバトルBGMが流れます。

攻略本が上下巻2冊の大ボリュームでしたが、ページが裂けるまで読んでました。
遊び人のバーバラがかわいくて・・・能力アップの種はもちろん、すべてバーバラに使ってました。
大人になってからDS版もプレイしましたが、会話システムのバーバラがまたかわいくて♪

でも・・・ストーリーが全体的に暗いし、努力で誰でも勇者になれちゃうので、世の中的には他のバージョンほどの人気はないみたいです(笑

わたしは6が!一番好き!

ドラクエ7、8、11

石版と種泥棒の7

プレイしたのが3DS版だったのでそれほど苦ではなかったのですが、プレステ版だと石版集めがものすごく過酷だったんだとか・・・。

そしてキーファというメインキャラがまさかの途中抜けするっていう・・・。
わたしは種を使わず貯めておくタイプなので損はしなかったのですが、そりゃ種泥棒と言われても不思議ではないなと思ってしまいますね(^ x ^;)

立体的で驚いた8

PS2版でプレイしましたが、マップも頭身も立体的なところが印象的でした。
お姫様が馬だというところもびっくり・・・。

あとはゼシカの胸がすごいっていうところが印象的すぎて、ストーリーのことは正直あんまり覚えてません(笑

ロトにつながる11

これ、ナンバリングタイトルの最終回?!って思うぐらい・・・始まりに繋がる物語だなっていうシナリオでした。

PS4版は映像も圧倒的に美しくて、ちょうど夏休みに入るときに発売だったので、わくわくしながら進めていました♪
連携技はちょっと複雑で、アクション要素が苦手な私にはよくわからなかったのですが・・・(> x <)

このあとプレイする10に、11の主人公の髪型と同じキャラが出てきます。
もう11の主人公にしか見えなくて、「イレブンくん!?」って戸惑いました(笑

9と10は・・・。

そんなこんなで、ドラクエは9と10以外のナンバリングはすべてプレイしてきました。

この2つはオンラインとかすれ違いとかいう特殊な要素があって・・・自分だけで進めるゲームではないんですよね。
それがなんか入りづらくて・・・9と10は避けていました。でも・・・やっぱ楽しそうだなぁと思って。

ドラクエ10を開始するまでのハードル

PS4版で10を始めることにしました。
Switch版や3DS版でも、同じ世界が楽しめます。最近ブラウザ版も出たので、スマホでもできるみたい。

ソフトを購入した後、さらに月額が発生します。

月額はこちら↓です。

《2020/3/23現在、公式サイトより引用》

これが開始前のネックでした・・・。

機種が違っていても、一緒に遊べることには変わりないです。
ただし機種によって、作れるキャラクターの数と月額が異なります。

しかし無料体験版で20日ほどプレイして、楽しかったので、結局始めてしまいました♪

他にも、かわいい装備を買ったり便利な乗り物を買ったりする、いわゆる課金というものもあります。
これは月額とはまた別でかかるお金です。強くなるための課金というよりは、服とか家とかオプションの楽しさのための課金って感じです。

ゲーム内フレンドさんによると、「スマホゲームのガチャと比べたら、運要素なく決まった金額で確実に手に入るから、良心的だと思う」とのことです(^ x ^;)

でも、無課金でも十分楽しめます。
わたしは開始から1年ほどは無課金でしたが、かわいい装備いいなぁって思ってしまって・・・最近課金を始めてしまいました(笑

開始から1年以上経つ今も、まだストーリーはメインキャラですらver5.0(最新ストーリー)に追いついていませんが、いろいろとこれまでのドラクエにはなかったオンライン独特の面白さがあります♪
ストーリー以外の面白さがあるから、脱線してしまってなかなか追いつかない、とも言えるかもしれません。

ゲーム紹介

《2020/3/23現在、公式サイトより引用》

写真が撮れるのも面白くて、ゲーム内コミュニティに日記のようなものをアップすることもできます。

ソフトが色々あってややこしいのですが、「オールインワンパッケージ」を買うと最新版まで1つの商品で遊ぶことができますよ♪

でもまずは、無料体験版がおすすめです!

ぜひみなさんも、アストルティアヘ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました